持分|不動産用語集|インフォメーション

持分

不動産を購入する際、一人で買う場合は名義も単独で持ち分も全て一人になります。
複数で購入する場合、名義と持ち分を決める必要があります。
例えば夫婦で購入する場合、3000万円の物件価格に対して主人が1000万円のローンを組んで自己資金を1000万円出すとします。
そして奥さんが500万円の住宅ローンを組んで500万円の自己資金を出す場合を考えます。
結果、持分は2対1の割合になります。持ち分は複数の名義の場合、出資する金額の割合に合わせて比率を決定します。
もし出資分を無視して出資以上の持ち分を登記するとその分が贈与とみなされます。
贈与と判断されると税金が掛かってくるため出資比率による持ち分割合にすることが重要です。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.