容積率|不動産用語集|インフォメーション

容積率

建物がその敷地に対して占めている面積の比率を表したものが、建ぺい率と呼ばれているものです。
もしも、その建物が一階建ての平屋であれば、その総床面積も、その建物の敷地に対する面積と同じことになるわけです。
ところが、その建物が二階建て以上の複数階となっている場合には、その総床面積は、建物の敷地面積の何倍かというようになってくることになります。
このために、この建物の総床面積がその敷地に対して占めている比率を表したものが、建ぺい率に対する容積率というものなのです。
つまり、平屋建ての建物であれば、建ぺい率とこの容積率とは等しくなるわけなのですが、二階建て以上の建物である場合には、この両者は全く違ってくる、ということになるわけなのです。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.