路線価|不動産用語集|インフォメーション

路線価

路線価とは、相続税や贈与税の課税対象となっている土地の課税価格を評価する際に用いられる、市街地の道路の路線ごとに付けられた1平方メートルあたりの土地の単価のことをいいます。
国税庁が毎年公表している「路線価図」のなかに、この単価は記載されており、実際に課税価格の計算に使用する場合には、この単価と土地の面積との掛け算をすることになります。
なお、この単価は標準的な画地に対する評価を示しているため、土地の形状が著しく大きかったり、間口が狭かったり、奥行きが広かったり、がけ地であったりするなどの要素があれば、必要な補正が行われます。
また、土地が面している道路が複数ある場合などにも、課税価格を求めるための特別な計算方法があります。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.