贈与税の配偶者特別控除|不動産用語集|インフォメーション

贈与税の配偶者特別控除

贈与税の配偶者特別控除とは、夫婦間で財産の贈与が行われた場合にのみ適用できる贈与税の控除制度のことをいいます。
財産の贈与については、通常の場合ならば年間110万円までの基礎控除枠が設けられていますが、夫婦間で行われる贈与については特例として2,000万円 の特別控除枠が設けられているため、基礎控除と特別控除を合計して最大2,110万円までの贈与であれば贈与税が課税されないことになります。
ただし、この制度を利用できるのは贈与される財産が居住用不動産である場合、もしくは居住用不動産を取得するための金銭である場合に限られているほか、贈 与を受けた居住用不動産もしくは贈与を受けた金銭で取得した居住用不動産については、贈与を受けた翌年の3月15日までに入居し、その後も継続して居住し 続ける見込みであることなどの要件を満たす必要があります。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら