高さ制限|不動産用語集|インフォメーション

高さ制限

高さ制限というものは、いろいろな場合に用いられているものと言えます。
例えば、鉄道のガード下の道路などの場合には、そこを潜り抜けることができるためには、車両の車高がガードにぶつからないような範囲の高さでなければならないために、「高さ○メートル」というように制限が設けられているのです。
しかし、この制限が建築物に適用されることになると、一定の高さ以上の建造物を立ててはならない、という制限のことになるわけです。
すなわち、その地域の美観や日照権の問題などといったことによって、都市計画上で、その地域の建築物の高さを一定の範囲内に収める必要がある場合に、その地域の行政当局の手でこの高さ制限が設けられる場合がある、というわけなのです。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら