建物面積|不動産用語集|インフォメーション

建物面積

建物面積とは、その建物がその敷地に対して占めている面積のことを言います。
そして、この面積がその敷地に対して占めている比率のことを、建ぺい率というわけです。
これに対して、その建物の総床面積である延べ床面積が、その敷地に対して占めている比率のことは、容積率として表されるわけです。
というのも、平屋ではなく二階建て以上の建物である場合には、その延べ床面積は平屋の場合とは異なって、その建物が敷地に占めている面積の何倍にもなるために、建物面積だけではなく、この延べ床面積という指標が必要となっているのです。
しかし、建物が何階建てになろうとも、その建物自体がその敷地に対して占めている比率は変わることがありませんから、その建物の実用上の指標となる延べ床面積と並んで、この建物の面積というものも必須の指標となっているわけなのです。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら