仲介|不動産用語集|インフォメーション

仲介

仲介とは不動産を持っている売主と不動産の購入希望の買主の間に立って契約から引き渡しまでを行うことです。
個人間の売買の場合は素人同士が不動産取引を行うため揉め事が起こる可能性があります。
そのために間に不動産のプロが立って取引を仕切るとスムーズに交渉がまとまるです。
間に入った不動産屋が値段の交渉、引き渡し時期、お金の受け渡しの方法などプロフェッショナルが段取りするため滞りなく完了します。
尚、不動産は宅建業法に乗っ取って取引をするため契約時には宅地建物取引主任者が重要事項を説明します。
経験ある取引主任者が説明することでお互いの重要事項を納得して取引出来るため揉め事が起こるケースが減ります。
これが仲介です。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら