都市計画税|不動産用語集|インフォメーション

都市計画税

都市計画税とは、下水道や公園、道路の建設などの都市計画事業や土地区画整理事業の費用にあてるため、原則として市街化区域内にある土地および建物の所有者に対して課せられる税金のことです。
毎年1月1日現在の固定資産課税台帳への土地・建物の登録状況が基準となっています。
税額は市町村の条例により定めることとされていますが、最高の場合で固定資産税評価額に0.3パーセントを乗じた額となっており、毎年の固定資産税とともに納期限までに納付します。
住宅用地については特例があり、200平方メートル以下の部分は「小規模住宅用地」として評価額の3分の1に、200平方メートルを超える部分は「一般住宅用地」として評価額の3分の2に、それぞれ軽減されます。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら