取引態様|不動産用語集|インフォメーション

取引態様

取引態様とは、売買や賃貸といった不動産取引における宅建業者の立場を指す言葉です。
宅地建物取引業法では、不動産取引を行う際には宅建業者は必ず自らの立場を明示しなければならないと規定されています。
取引様態は大きく分けて「売主または貸主」「代理」「媒介」の3種類に分類することができます。
「売主または貸主」は、宅建業者自らが所有する土地や建物を売ったり貸したりする場合が該当します。
「代理」は、宅建業者が売主または貸主の代理人となって取引相手の募集や契約手続きを行う場合が該当します。
「媒介」は、宅建業者が売主と買主、あるいは貸主と借主の間に立って取引を行う場合が該当します。
なお、このうち「媒介」についてはさらに「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の3種類に分類することができ、これらは依頼者と締結する契約の形態によって変わります。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら