媒介|不動産用語集|インフォメーション

媒介

媒介とは、ものごとが直接的にではなく、何らかのものを介して間接的に行われる、ということを意味するものです。
これを不動産取引に即して言うならば、不動産取引というものは、その当事者同士が自前で行ってしまうということはむしろ稀で、不動産業者を介して行われる、という場合が一般的となっているわけです。
つまり、当人同士による直接取引きではなく、不動産業者という「媒体」を介して行われる媒介取引、という間接取引である点に、不動産取引というものの特徴がある、ということができるのです。
そもそもが、不動産業者というものの存在理由そのものが、この取引仲介を行うことにあるために、不動産業者とは不動産流通業者である、という定義がなされているのです。

 

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら