表示登記|不動産用語集|インフォメーション

表示登記

表示登記とは、登記事項証明書の表題部に記載される不動産の物理的現況を示す部分のことをいいます。
不動産に関する登記事項証明書は土地についての証明書と建物についての証明書の2種類がありますが、このうち土地についての証明書の場合は「所在、地番、 地目、地積」、建物についての証明書の場合は「所在、家屋番号、種類、構造、床面積」がそれぞれ表示登記の部分となります。
土地や建物は経済的な価値が大きな財産ですが、性質的に持ち歩くことが不可能であるため、財産の権利関係が判別しにくいという問題がありました。
そうした問題に対処するため、不動産については権利関係などの情報を登記事項証明書に記載して公示することが法律で義務付けられています。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら