不動産取得税|不動産用語集|インフォメーション

不動産取得税

不動産取得税とは、都道府県が課税する地方税の一つで、不動産を取得したことを持って課税される税金です。
取得ですからただでもらった場合でも課税対象になります。ただし、取得した時一回限りの税金であることと相続時には課税対象にはなりません。
また、土地を購入前後に建物のうち住宅を新築または中古の住宅を取得した場合には、土地について軽減の制度があります。
無論条件はありますが、その条件を満たしいていると軽減の申請により減額が認められれば大幅に減額してもらえることがあります。
土地にしても建物にしても、市町村にある固定資産評価台帳に基づいて課税されます。
つまりこの額が高ければその課税される額も高くなるという仕組みです。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら