課税取引(消費)|不動産用語集|インフォメーション

課税取引(消費)

消費税は国内の取引に課税されます。
それは物品の取引であったりサービスの提供であったりします。
ただし、そもそも消費税がかからない取引や病院の治療費など政策的に消費税が課税されないものもあります。
不動産にかかわる取引についても例外ではなく、課税取引(消費)に該当する場合は消費税がかかりますが土地の売買には消費税がかからりません。
土地は消費しないからです。
土地に消費税がかからないのに対して建物には消費税が課税されます。
消費税は最終消費者が負担する仕組みが採られており、間接税ともいわれます。
納税の方式としては受け取った消費税から支払った消費税を差し引いた差額を支払います。
事業者は通常消費税を納めるケースがほとんどですが、大きな買い物をした場合は消費税が還付されることもあります。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら