居住期間|不動産用語集|インフォメーション

居住期間

居住期間とは、賃貸のアパートやマンションという賃貸住宅におけるもので、事実業は賃貸契約期間のことを意味します。
日本においては、賃貸住宅の契約期間は2年であり、その2年を超えて住み続けたい場合には、契約を更新して住み続ける、ということになるわけです。
このために、自己所有である住宅には、それが一戸建て住宅であれマンションであれ、そもそもが居住期間というもの自体がないわけなのです。
これは当然のことで、自己所有の住居であれば、その所有者が死亡してしまうか、その住居を売却して移転してしまうまで、期間未定でそこに住み続けているからです。
しかし、賃貸住宅である場合には、一定の契約期間内の居住、という期間の制約が設けられているために、こうした期間規定というものが存在することになるわけなのです。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら