建築確認|不動産用語集|インフォメーション

建築確認

建築確認とは、建築物を建てるにあたって、その建築計画が建築基準法令および建築基準関係規定に適合しているかどうかを、その工事の着工前に行政機関などが審査することをいいます。
この審査の対象となるのは、建築基準法で定める一定の構造・規模の建築物の新築、増築、改築、移転、大規模な修繕・模様替え、用途変更です。
こうした行為を行う際には、その建築主は、地方公共団体に置かれている建築主事または民間の指定確認検査機関に対して、建築確認の申請をしなければなりません。
建築主事等が建築主から提出された設計図書の内容をチェックして、法令等に適合することを認めた場合には、建築主には確認済証が交付されることになっています。
この確認済証がなければ、原則として建築工事に着手することはできません。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら