工事請負契約|不動産用語集|インフォメーション

工事請負契約

建物の建設工事であれ解体工事であれ、その業者が工事を請負う際には、その注文主との間で工事請負契約という契約を結びます。
そして、工事を請負った業者は、その契約に従ってその後の工事を進めて行くことになるわけです。
この工事請負契約書には、その工事の目的とその具体的な内容に加えて、工事を完成させなければならない期限が記されているわけで、そのために、業者はその期限までに、契約書に記されている内容の工事を完成させなければならない、ということになります。
しかし、もしもその期限までに所定の工事を完成させることができなかった場合には、違約金を支払わねばならない、といった規定が盛り込まれている場合もあ るわけなので、工事を請負った業者は、なんとしてでもその期限までに工事を完了するよう、懸命に仕事に励むことになるわけなのです。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら