国土交通大臣免許|不動産用語集|インフォメーション

国土交通大臣免許

国土交通大臣免許は、複数の都道府県でまたがって宅地建物取引業者が業務を営む上で必要となる免許のことを言います。
ちなみに宅地建物取引業には、宅地または建物の売買・交換・賃貸の代理・賃貸の媒介を行なうことを業とすることです。
そして、一つの都道府県で宅地建物取引業を営む場合は都道府県知事の免許、二つの都道府県でまたがって宅地建物取引業を営む場合には、法人・個人共に国土交通大臣の免許が必要となります。
なお免許申請書の提出先は、都道府県知事免許・国土交通大臣免許のいずれの免許も、同じ主たる事務所の存在する地域を管轄する都道府県庁となります。
この免許の有効期限は5年で、引き続き営業を営む人は、満了日の90日前から30日前までに免許の更新申請を行うことが必要です。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら