固定資産税評価額|不動産用語集|インフォメーション

固定資産税評価額

固定資産税評価額はより正確に言えば固定資産評価額のことで、固定資産つまり建物や土地などについて、市町村が中心となってその公的な評価額を定めたものになります。
この数字に従って固定資産税の課税額を計算する流れになります。
家などを新築した際には市町村の固定資産評価担当者が実際に図面を持って、見に来ることがあります。
その見に来る目的が固定資産の評価額を決定するためであるということになります。
なお、固定資産の評価額については都道府県税の不動産取得税担当者も使用する数字であることから、場合によっては市町村に変わって都道府県税事務所などから評価に来る場合もあります。
いずれの場合も評価をするための根拠となるものに従って評価をすることになります。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら