財産評価基準|不動産用語集|インフォメーション

財産評価基準

財産評価基準とは、相続税や贈与税を納付するにあたって、その課税の対象となっている財産の課税価格を評価するために定められた基準のことをいいます。
毎年1回、国税庁が「財産評価基準書」として決定したものを公示しています。
この基準による土地の評価は、市街化区域などの場合は「路線価方式」として、この基準書の路線価図にある1平方メートルあたりの単価に土地の面積を乗じて算出します。
市街化調整区域などの場合は「倍率方式」として、この基準書の評価倍率表で指定された割合を土地の固定資産税評価額に乗じて算出します。
土地そのものの評価のほかに、借地である場合の借地権割合や、森林の立木の標準価格などもこの基準書のなかで決められています。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら