残債|不動産用語集|インフォメーション

残債

まだ支払われずに残っている債務分のことを指して、残債と言います。
しかし、実際には任意売却が行われた場合に、まだ支払いの行われていない債務支払い分のことを指して、そう呼ばれているようです。
任意売却というのは、住宅ローンを支払うことができなくなった債務者が、不動産業者に仲介してもらって、まだ抵当権の設定されている住宅を、その住宅ローンの債権者の合意を得て売却し、その売却益でローンの未払い分を支払う、というものです。
しかし、それでもまだ払いきれない分が残ってしまうために、その残った分の未払い分のことが、残債と呼ばれるわけなのです。
従って、任意売却が行われた後も、ローンの債務者は、その未払い分がなくなるまで、引き続いて返済を続けて行くことになるわけなのです。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら