斜線制限|不動産用語集|インフォメーション

斜線制限

建築物を建てる場合には、隣りに建った建築物のために、現在ある建物の日当たりとか風通しがさえぎられてしまうおそれがあるため、「斜線制限」がかけられます。
斜線制限には、建物の「高さ」と「勾配(角度)」が関係しています。
建築士は設計をするときに、設計図面に一定の斜線を引いて、その斜線内に建築物が納まるように設計しなければなりません。
特に、一般住宅を建てる場合は「北側」が重要で、隣りの家と自宅の敷地の北側の境界線上に建築基準法で定められた三角形を作り、その斜線の延長線上に建物をおさめるようです。
街中で、建物が斜めにカットされたようなオシャレなデザインのビルを見かけることがありますが、あれはこの建築法が関係したものだということです。

社内融資

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら