連帯債務|不動産用語集|インフォメーション

連帯債務

債権債務関係において、債務者がその債権者に対して連帯して債務を負うことを、連帯債務と言います。
この典型的なものが、不動産賃貸契約における連帯保証人というものです。
賃貸アパートやマンションという、賃貸住宅の不動産賃貸借契約が結ばれる際には、その賃借人に連帯保証人が求められるというのが通例となっているわけです。
これは要するに、債務者である賃借人が家賃の支払いができなくなった場合には、家主はまず、その本人である賃借人に支払いを督促しますが、それでも支払いがなされない場合には、連帯保証人に本人に代わっての家賃支払いを請求することができる、というものなのです。
この連帯保証人には、民法の規定(債権)によって、債務者本人と同等の債務が課せられているために、その連帯保証人は家主の家賃支払い請求を拒否することができないのです。
この債務に関する法的な連帯責任のことを、連帯債務と呼んでいるのです。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.