2項道路|不動産用語集|インフォメーション

2項道路

2項道路とは、建築基準法上の道路とみなされる道のことで、「みなし道路」とも称されます。
建築基準法の第42条第2項に規定されていることからこの名があります。
建築基準法では、建築物の敷地は原則として幅員4メートル以上の道路に2メートル以上接していなければならないと規定しています。
しかしながら、建築基準法の施行前に建てられた建築物などでは、幅員4メートル未満の道に接しているような事例が多く、老朽化しても建て替えができなく なってしまうため、道路の中心線から2メートルほどセットバックした線を道路の境界とみなすことで、建て替えが認められるようにしたものです。
セットバックした部分の土地は道路と同様の扱いとなるため、建築物の敷地面積には含まれません。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.