新耐震基準|不動産用語集|インフォメーション

新耐震基準

新耐震基準とは、1981年に改正された建築基準法で新たに定められた耐震基準です。
改正以前の耐震基準では、震度5強程度の揺れでも建物が倒壊しないこと、また破損した場合でも補修することで生活が可能であることの2点が基準となってい ましたが、今後発生しうる巨大地震を考慮するとそうした基準では不十分であったため、新たな耐震基準の設定が行われました。
新耐震基準は最大で震度7程度の地震が想定された基準となっており、頻繁におこるある程度の大きさの地震については建物の構造に損害の発生を防ぐこと、震 度6強~7程度の巨大地震については建物の致命的な損害を回避し、万が一建物が倒壊する場合でも人的被害ができるだけ発生しない構造とすることの2点を目 的としています。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら