相続税|不動産用語集|インフォメーション

相続税

相続税とは、亡くなった人の財産を受け継いだ人に課せられる税金のことをいいます。
この税金は名称には相続と付けられているものの、相続によって財産を受け継いだ人だけに課せられるわけではなく、遺贈や死因贈与によって財産を受け取った人も課税の対象となります。
ただし、この税金には一定の非課税枠が設けられており、その上限は『5000万円+1000万円×法定相続人の数』の式で求めることができるほか、亡く なった人の配偶者については、多額の税金を課すことはその後の生活に過度の負担をかける可能性があることから、配偶者控除と呼ばれる特別な非課税枠が設け られています。
配偶者控除では、取得した財産の価額が民法の定める法定相続分以下または1億6000万円以下である場合、その部分については相続税の課税対象とはなりません。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら