損益通算|不動産用語集|インフォメーション

損益通算

事業の決算を行えば、当然に収益と損失というものが計上されることになります。
この収益と損失を合わせて損益と言うわけなのですが、その損益がプラスになれば黒字で、逆にマイナスになれば赤字、という決算になるわけです。
この損益決算は事業年度である1年単位なのですが、これを年度を越えて通算してしまのが、損益通算というものなのです。
これを不動産事業に即して言うならば、賃貸アパートを経営している家主が、ある年度は赤字であったが、その次年度は黒字であったというような場合に、これを通算してしまうことで、前年度の赤字分を次年度の黒字分から差し引く、ということができるようになるのです。
所得税法では、一定の年数に限ってこの損益通算が認められているために、年度にまたがっての損益決算を行うことができるのです。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら