抵当権|不動産用語集|インフォメーション

抵当権

業として資金融資を行うのが金融業という業種なのですが、その資金融資を業として行う際には、当然にその融資資金の返済補償というものが必要になります。
何故ならば、もしもその融資資金の返済がなされないことになってしまえば、金融業者は大変な損失を被ってしまうからです。
このための補償措置として用意されているものが、担保というもので、これは債務者が返済を行わない場合には、その融資資金の額に相当する物品を取得するこ とで、その埋め合わせを行えるようにしておくために、融資を行う際には、あらかじめ、その融資資金額に相当する物品に担保権を設定して置くわけなのです。
この場合に、特に融資相手の所有している不動産に設定される担保権のことを、抵当権と呼んでいるのです。
この抵当権設定の典型的なものが、住宅ローンに付随して設定されるものであるわけなのです。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら