法定相続人|不動産用語集|インフォメーション

法定相続人

法定相続人とは、民法で規定されている被相続人の財産を相続する権利を持つ人のことをいいます。
遺産を分配する方法については、原則として被相続人が生前に遺言書を作成しておくことで自由に定めることができますが、遺言書が作成されていない場合や、 遺言書が法的に有効なものであると認められない場合、民法の規定に基づき、法定相続人に対して一定割合の財産が相続されます。
なお、相続人となることができる人の範囲については被相続人との続柄によって決定され、相続人となることができるのは配偶者・子・父母・兄弟姉妹などに限られています。
このうち配偶者については特例として常に相続人となることができ、必ず相続分の二分の一を受け取る権利が認められています。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら