元金均等返済|不動産用語集|インフォメーション

元金均等返済

住宅ローンを借りる場合、返済の方法には元利均等返済と元金均等返済の二種類があります。
元利均等とは元利の合計=毎月の返済額が一定、元金均等とは毎月の返済の元金が一定で、それに月々の利息を加えて返済する方法です。
元金の返済額は借入金の額を単純に償還階数で割り算した金額で、元金の減少はスタートから0に向って直線になります。
借入当初は元金が大きいため、利息を合わせた返済額が大きくなるのがデメリットですが、利息は徐々に減少していき、返済額が減っていくのを実感できるのも楽しみです。
元利均等に比較すると、当初の元金の減り方が大きいため、全体の支払額も少なくなりますが、初期の返済ができるかどうかが選択のポイントです。
初期の返済が可能であれば、徐々に返済金額は減っていくので、浮いた金額を繰上返済に充てることも可能です。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら