元利均等返済|不動産用語集|インフォメーション

元利均等返済

住宅ローンの返済方法には元利均等返済と元金均等返済の二種類があります。
元利均等返済とは、元利の合計=毎月の返済額が均等である返済方法で、借入金の元本が大きい返済開始当初は利息に充てる部分が大きく、元金の返済は緩やかになります。
元金の減少に連れて利息も減って、元本に充てる金額が増えていくため、借入の残金は直線ではなくカーブを描きます。
住宅ローンのように借入金額が大きい場合、元金を償還階数で単純に割った元金均等返済では、返済開始当初、金利が大きく、毎月の返済額自体の負担が大きくなってしまいます。
返済額は金利とともに徐々に減っていきますが、住宅ローンのように、生活費の中から返済していくには、負担が一定な元利均等の返済が適しています。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら