区分所有法|不動産用語集|インフォメーション

区分所有法

区分所有法とは、マンションのように一つの建物をいくつかに区分して所有する場合について、それぞれの部分ごとの所有関係を定めるとともに、建物や敷地の共同管理についての考え方や方法などについて定めた法律です。
この法律では、壁やドアで区切られた内側の部分を専有部分として、それぞれの所有者が自由に使用し、また譲渡することもできる部分としています。
それ以外の廊下やバルコニーなどは共用部分であり、管理規約などに従わなければなりません。この法律では、区分所有者は全員で、建物の管理を行うための団体を構成し、集会を開き、管理規約を定めることができるとしています。
また、大規模修繕や建て替えについても、法律に定める一定数の多数決によることとされています。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら