高度利用地区|不動産用語集|インフォメーション

高度利用地区

高度利用地区とは都市計画法で規定されている地域地区の一種です。
この地区は既に多くの住宅が密集している市街地などを対象として指定されるもので、細分化された土地を統合し、まとめて再開発を行なうことにより、防災機能の向上や都市機能の更新を促進することを目的としています。
高度利用地区では建物の建築に関する各種制限が緩和されているのが特徴で、建築物の容積率や建ぺい率、建築面積、壁面の位置などについての制限をはじめ、 一定の要件を満たしていれば斜線制限の適用がされないほか、建築物の高さ制限も緩和されるなど、その基準は一般的な用途地域よりも大幅に緩和されたものと なっています。
なお、これらの基準については自治体がそれぞれの地区の指定目的に応じて定めることになっているため、その内容は地区によってそれぞれ異なります。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら