固定期間選択型|不動産用語集|インフォメーション

固定期間選択型

固定期間選択型ローンは、「固定期間設定型ローン」や「固定金利特約付ローン」とも呼ばれることがあり、一定期間だけ金利を固定する特約を付けたローンのことです。
民間金融機関のローンの一つの形態となっており、主に住宅ローンなどで利用されます。
一般に金利を固定できる期間は金融機関によって異なりますが、2・3・5・7・10年から選べることが多くなっています。
固定金利期間中に変動金利(金融情勢によって定期的に金利が変動する)への変更はできません。
固定金利期間終了後、適用金利も返済額も見直しが行われる場合が多く、金利状況によって固定期間終了後の返済額が大きく増加することもあり得るため注意が必要です。
固定期間選択型ローンを効果的に活用するには、固定期間中に繰り上げ返済を行い元金を減らしておくことです。
そうすることで固定期間終了後の返済リスクを軽減することができます。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら