固定資産税|不動産用語集|インフォメーション

固定資産税

固定資産税とは、毎年1月1日現在で土地などの固定資産を所有している人に対して、かかる税金です。
所有している固定資産の価格をもとに算定される税額を、その資産の所在する市町村に納めます。
課税の対象となる固定資産は、田んぼ、畑、山林などの土地、住宅、店舗、事務所などの家屋、事業用に使用することのできる機会、備品などの償却資産です。
固定資産税を納める人は、登記簿に所有者として登記されている方です。税額の計算方法は、課税標準額×税率(1.4/100)です。
税金納付方法は、次の納期ごとにその市町村の税務署から送付される納税通知書や納付所により、納めます。
納税者が災害に遭われたり、特別な事情により納税が困難な場合には減税が受けられるようになっています。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら