住宅性能表示制度|不動産用語集|インフォメーション

住宅性能表示制度

住宅性能表示制度とは、住宅の品質確保の促進等に関する法律によって導入された、住宅のさまざまな性能を表示するための制度のことをいいます。
具体的には、室内外のバリアフリーなどの高齢者への配慮、耐火外壁の使用などの火災時の安全性をはじめとする各項目について、国土交通大臣が認める登録住 宅性能評価機関が客観的な基準にしたがって性能を審査し、一定の条件をクリアしたものについて、その旨を記載した住宅性能評価書を交付するというもので す。
この制度は、住宅の新築や中古住宅の購入にあたって、必要な性能を施工業者などに適切に指示したり、同じ基準のもとで売買物件を相互に比較したりするのに役立つことから、住宅の消費者の利便性が高まることが期待されています。

借地権 底地などの無料相談はこちら

借地権・底地など不動産のことなら私たちにお任せください!秘密は厳守いたします。

↑PAGE TOP

Copyright (C) 2015 株式会社 新青土地コーポレーション. All Rights Reserved.

無料相談はこちら